【Amazon Music Unlimited】月額780円〜の最強ストリーミングサービス!

【レビュー】240Hzで1msでIPS。最高峰ディスプレイ「AW2720HF」を購入した。【ゲーミングモニター】

以前記事にもしたが、最近になってゲーミングPCを自作し、メイン環境をMacbookから自作PCに移行した。

【自作PC】GTX1660tiとRyzenで小型ゲーミングPCを組む。【Mini-ITX】

PCこそ高性能化したものの、周辺機器は以前の環境と同じものを使用中。以前から使用している液晶ディスプレイはQHDとそこそこの解像度ながら、最大リフレッシュレートが60Hzと控えめ。せっかくの高性能を活かしにくいのがネックだった。

そこでディスプレイの買い替えを検討。ゲーミング以外の用途で利用する場合にも過不足のないディスプレイとなると、その選択肢は非常に少ない。

今回購入した「AW2720HF」は、ゲーミングディスプレイの中でも最適な選択肢の一つ。

ボクと同じように「ゲーミング用途はもちろん、その他の幅広い用途でも快適に利用したい」方には是非参考にしてほしい。

今回のレビューでは、実際に使った感想を織り交ぜつつ、「AW2720HF」の実力について解説していく。

AW2720HFのスペック

画面サイズ27インチ
パネルタイプIPS
アスペクト比16:9
解像度フルHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート240 Hz
ディスプレイ同期技術FreeSync

G-SYNC Compatible

輝度350 cd/m²
応答時間1ms(GtoG)
コントラスト比1000:1
最大表示色1680万色
水平視野角水平:178

垂直:178

色域99% sRGB
インターフェースHDMI x2

DisplayPort 1.2

USB 3.1 x3

LINE OUT

ヘッドフォン端子

付属品HDMIケーブル x1

USBケーブル x1

DisplayPortケーブル x1

重量4.8kg
サイズ61.27 x 7.87 x 36.68 (cm)
メーカー保証Advanced Exchange ServiceおよびPremium Panel Exchange (3年間)

AW2720HF」は、27型IPSパネルを採用したリフレッシュレート240Hz、応答速度1msの高速描画に対応するゲーミング液晶ディスプレイ。
解像度はフルHDと平均的ながら、「FreeSync/G-SYNC Compatible」への対応や240Hzの高速描画など、先進的な技術を搭載している。

AW2720HFの優れた点

  • 240Hzの高リフレッシュレートと1msの高速応答
  • FreeSyncとG-Syncに両対応
  • RGBカバー率99%で鮮やかなIPS方式ディスプレイ
  • スタイリッシュなデザイン

AW2720HFのイマイチな点

  • 「240Hz」を活かすには高スペックのPCが必要
  • 高性能だが大きく取り回しにくいスタンド

240Hzの高リフレッシュレートと1msの高速応答

このモニターの一番の特徴はやはり、「240Hz」の高リフレッシュレートと応答速度「1ms」の高速描画だろう。

リフレッシュレートとは、「1秒間に書き換えられる画像の枚数」のこと。モニターに表示される映像は複数枚の静止画を連続的に表示することで描画されている。つまり、リフレッシュレートの数値が大きいほどなめらかな映像を表示できる。

一般的なモニターの場合、リフレッシュレートは秒間60枚の画像を表示できる「60Hz」の表示が可能。

しかし、今回購入した「AW2720HF」はその4倍である、「240Hz」の超高速リフレッシュレートで動作するのが大きな特徴といえる。

リフレッシュレートの高さはゲーミング用途において大きなアドバンテージとなる重要な要素。対人ゲームでは敵の動きがよりスムーズに、低遅延で表示されるため、反応速度の向上やゲーム酔いや目疲れの軽減などのメリットがある。

また、高リフレッシュレートと同じくらい重要なのが応答速度。いかに映像がスムーズでも、操作(入力)の反映が遅ければ意味がない。一般的に「IPS方式」のモニターは遅延が多いとされているが、「AW2720HF」の応答速度は「1ms」(1000分の1秒)と最小限に抑えられている。

高フレームレートと低遅延との組み合わせは、対人ゲームに置いて非常に強力。FPSなど、コンマ1秒の反応の差が勝敗を分けるようなゲームにおいて、大きなアドバンテージを得ることができる。

FreeSyncとG-Syncに両対応

ゲームプレイ中に画面がちらつき、画面の上下で映像がずれる「ティアリング」。これは画面のリフレッシュレートが低いほど発生しやすく、どんなに優れたグラフィックのゲームでも、ゲームへの没入感を著しく下げてしまう

AW2720HF」には「FreeSync(G-SYNC Compatible)」というティアリングの発生を抑える機能が搭載されている。

低フレームレート動作時のティアリングが最小限に抑えられるため、特にフレームレートの稼ぎにくい重いゲームをプレイする際のメリットが非常に大きい機能だ。

sRGBカバー率99%で鮮やかなIPS方式ディスプレイ

一般的にゲーミングモニターには「TN方式」と呼ばれる高速に動作し安価な液晶パネルが使用される事が多い。

PCで動画をみたり、SNS等にアップロードする写真を編集する場合、パネルの鮮やかさや視野角の狭い「TN方式」のディスプレイだとスペック不足を感じることも多い。

これまで、「IPS方式」は反応速度が遅くゲーミング用途には向かないというのが通説だった。しかし最近になって、IPSパネルの反応速度が大きく向上。IPS方式を採用したゲーミングディスプレイが続々と登場している。

その中でもこの「AW2720HF」のパネルは最高レベルに優れている。sRGBカバー率は「99%」と非常に高く、趣味の範疇においていえば、フォトレタッチ用途での使用にも十分耐えうる品質といえるだろう。

一点注意があるとすれば、工場出荷時にはキャリブレーションが行われていないということ。正しい色味を再現するには購入後に自身でキャリブレーションを行う必要がある。

スタイリッシュなデザイン

AW2720HF」のデザインにはALIENWAREのフラッグシップモデルに採用されている「レジェンド」というデザインが採用されている。

正面はロゴが印字されているのみのシンプルな外観ながら、背面はホワイトのプラスチック素材を採用し、一般的なモニターとは一線を画する個性的なデザインだ。

下には電源ボタン、モニター裏にはOSD操作用のボタンとスティックが搭載されている。スティックの操作性がよく、目視せずとも各種操作がスムーズに行えるようになっている。

背面上部にはおなじみのエイリアンロゴ。LEDが内蔵されており、自身の好きな色で光らせる事ができる。モニタースタンドにもLEDが搭載されるなど、派手好きなゲーマーにはたまらないデザインとなっている。

とはいえ、ボクのデスクには派手すぎるため、LED点灯を「常時オフ」、付属のスタンドではなく、以前から使用しているモニターアームに付け替えて使用している。

【レビュー】「エルゴトロン LX」購入。モニターアームで作る自分空間。

一体感のあるデザインが好みの場合、付属のモニタースタンドの機能も十分であるため、わざわざ付け替える必要はないだろう。

後に述べるが、付属のモニタースタンドにも弱点はある。別途モニターアームが必要かどうかは、デスク上のスペースと相談する必要がある。

「240Hz」を活かすには高スペックのPCが必要

このディスプレイの最大のメリットである「240Hz」の高リフレッシュレートを最大限に活かすには、ゲームを「240Hz」で動作させるスペックが必要がある点には注意

いわゆるAAA級タイトルの場合、高画質な分処理が重く、フレームレートが稼ぎにくい。240Hzで安定動作させるのは至難の業だ。

Apex Legends」や「リーグ・オブ・レジェンド」のような対人ゲームの場合、グラフィック設定の幅が広くフレームレートを稼ぎやすい。ゲーミングPCとして中程度の性能を備えていれば、「240Hz」動作も難しくないだろう。

このように、ディスプレイ選びはプレイするゲームとの相性が非常に重要。マルチプレイ中心で、勝ちにこだわるユーザーにはオススメのディスプレイだが、シングルプレイ中心で、RPGなどの世界観を楽しむ用途には、4K解像度や21:9のワイド表示に対応したディスプレイがオススメだ。

高性能だが大きいスタンド

「AW2720HF」のモニタースタンドはモニター本体と同様のデザインとなっており一体感がある。モニター本体と連動するLEDや各種調整機構も充実しており、利便性の高いモニタースタンドだ。

唯一にして最大の欠点は、その「奥行き」だろう。ボクは120x60cmのデスクを使用しているが、このモニタースタンドは奥行きが40cm近くあるため、そのまま設置するとモニター前のスペースがかなり狭くなる。
また、画面サイズも27インチと大型のため、画面との距離が近すぎて視認性が悪くなる。

付属のモニタースタンドを使用する場合、デスクの奥行きは最低でも90cmは必要だろう。ボクのように奥行きの小さいデスクを使用している場合、諦めてモニターアームを導入することをおすすめする。デスク上のスペースを全く圧迫しないため、作業効率が大幅に向上する。

また、同等スペックで画面サイズを24.5インチに抑えたモデルである「AW2521HF」もオススメ。サイズ選びやモニターアームの導入は、自身の環境に合わせて選択することをおすすめする。

まとめ

PCゲームを最大限楽しむためには、PC自体の性能とそのスペックに見合うレベルの周辺機器を揃えることが重要になる。
競技向けゲーミングモニターと同等の高リフレッシュレート、応答速度を備えた「AW2720HF」なら、勝ちにこだわるユーザーにとって最適な一台になるはずだ。