【Amazon Music Unlimited】月額780円〜の最強ストリーミングサービス!

【レビュー】安心のApple純正。iPadへの写真データ取り込み用に「SDカードカメラリーダー」を購入した。

結局、写真の取り込みは純正アダプタが一番だった。


最近、記事用の写真撮影にはiPhoneではなく、カメラを使用している。ブログ用に圧縮するとはいえ、少しでも綺麗に取れる事が望ましい。

ミラーレス一眼なら、ボクのようなカメラ初心者でも、そこそこな写真が撮れるので助かっている。

ではなぜ今まで、iPhoneのカメラを使っていたのか。

主な理由としては、画像を加工する為に使っているiPad Proとの連携にクセがあり、使い勝手が悪かった事が挙げられる。

ボクが使用しているのは「OLYMPUS PL-6」というミラーレス機。

2013年製のカメラと、そこそこの古さではあるものの、iPhoneよりも遥かに綺麗に撮れるし、持ち運びもそこまで苦ではないサイズ感が気に入っている。

唯一欠点を挙げるとすれば、本体にWifi機能がなく、データをやり取りする方法に制限があることだった。

その欠点をカバーするべく、東芝の「Flash Air」という、SDカード自体にWifi機能を内蔵した特殊なSDカードを購入。

SDカードとiPadをWifi経由で接続しデータをやり取りできるという非常に便利なシロモノなのだが、データをやり取りするにはいくつかの手順が必要だった。

  1. カメラの設定画面からSDカードのWifiをオンにする
  2. iPadの設定画面からSDカードのWifiに接続する
  3. iPadから専用アプリを立ち上げ、SDカードにアクセス
  4. 画像を選択しダウンロード

最低でもこれら4つの手順が必要。

楽をするための無線接続のはずが、逆に転送の手間を増やしてしまっていた。

そこで今回、データ転送の手間を減らすべく、Apple純正のSDカードカメラリーダーを購入した。

SDカードカメラリーダー


開封してみる。

SDカードカメラリーダー 2

付属品は非常にシンプル。いかにもApple製品という感じだ。

説明書?が2枚と本体のみとムダがない。

SDカードカメラリーダー 3

本体はまっ白なプラスチック製。おそらく、lightningケーブルと同じ素材だろう。

端子部分のカバーも厚くなかなか耐久性もありそう。


使ってみる。

iPadに直接接続する必要があるが、FlashAirと比較すると、いくつもメリットを実感することができた。

具体的には以下の4つ。

  • データ転送速度の大幅な向上
  • データ転送に専用アプリが不要になった
  • Wifiを再接続する手間が不要
  • 有線接続の信頼性の高さ

データ転送速度の大幅な向上

下記の表を見ればその差は一目瞭然。

名称転送速度[MB/s]
Apple「SDカードカメラリーダー」18MB
東芝「FlashAir W-04」約3.9MB
東芝 「FlashAir W-03」約1.3MB

SDカードカメラリーダーの速度については、AVWatchさんの下記記事を参照した。

Apple純正iPhone用SDカードリーダはどれくらい速い?

FlashAIR側の転送速度については公式サイトの下記の表を参考にした。

因みにボクが所持しているのは「W-03」という旧世代のモノ。

ボクの場合、40MB前後の画像ファイルを数十枚転送する事も多いので、転送速度向上の恩恵が大きい。

送るファイルサイズが大きければ大きいほど、転送速度の向上が実感できるだろう。

また、FlashAirの場合、転送速度が遅いため、iPadがスリープしてしまうことがあるが、その際にもデータ転送がキャンセルされてしまう。

SDカードリーダーにしてからはスリープ状態になる前に転送が終わる。

そもそも転送中に別の作業ができるのでスリープ状態にならないのだが。


データ転送に専用アプリが不要になった

FlashAirからiPadにデータを転送する場合、iPad側に専用アプリをインストールする必要があった。

アプリでは、SDカード内の写真データのプレビューと転送が行える。無いと転送できないので仕方なくインストールしていたが、それ以外の用途もないし、使うときだけ再インストールしていた。

SDカードリーダーでは、純正の写真アプリでデータのやり取りができるのは個人的には重要なポイント。無駄がなく、気に入っている。


Wifiを再接続する手間が不要

FlashAirを使っていて一番不便だったのがこれ。

FlashAirでは、Wifi経由でデータのやり取りを行うため、今まで接続していたWifiから一度切断する必要がある。

切断すれば当然インターネット接続は切れる。再度接続するには、データ転送終了後にiPad側からWifiを切り替えるか、カメラ側の設定からWifiをOFFにするしかない。

転送後はすぐに作業に移りたいが、そこに1つ無駄なアクションが加わるだけで、煩わしさを感じてしまう。

SDカードカメラリーダーなら、端子を抜き差しするだけだし、転送中も並行して作業やブラウジングをすることが出来るため、無駄な待ち時間が発生せず、非常に効率が良い。


有線接続の信頼性の高さ

人間というのは不思議なもので、無線通信の技術がいくら進歩していても、線が一本繋がっているだけでどこか安心してしまう。

Processed with VSCO with a8 preset

Processed with VSCO with a8 preset

これはあくまで気持ちの問題だが、実際問題として、有線接続には通信が途切れにくいという利点がある。FlashAirの場合、転送中に通信が途切れてしまうことがあった。

条件は不明だが、転送サイズが大きいほど発生しやすい様な気がしている。


まとめ

Wifiの切り替えや転送速度が気にならないならFlashAirの新型をお勧めするが、価格が高いのがネック。

転送速度が少しでも早い方が良い方にはSDカードリーダーをオススメする。

SDカードとSDカメラカードリーダーの価格を合わせても、同容量のFlashAirより安いはず。

自分の用途に合ったアイテムを選ぼう。

[今すぐ使えるクーポン有][あす楽対応] Apple Lightning – SDカードカメラリーダー # MJYT2AM/A アップル (Lightning変換アダプタ) 【KK9N0D18P】
created by Rinker
100円OFFクーポン配布中!SDカード Extreme Pro UHS-I U3 SDXC カード 128GB class10 SanDisk サンディスク 超高速95MB/s V30 4K Ultra HD対応 パッケージ品 SASD128G-XXG 送料無料 お買い物マラソンセール
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。