【Amazon Music Unlimited】月額780円〜の最強ストリーミングサービス!

長期休みに最適。一気観するべきドラマ・アニメ

 

旅行も良いけど家でのんびりも良いよね。

 

 

平日の仕事終わり。

 

定時に退社し、晩御飯、皿洗い、入浴と一通りのルーチンをこなし、いざ自由時間。

気合いを入れてデスクに向き合い、ブログを書く。

だめだ、何もやる気が起きない。

 

毎日こんな調子でいると、観たいドラマやアニメがどんどん溜まっていく。

ハードディスクの容量も底をつきそうだ。

 

早いもので今年ももう8月中旬。

ボクのようなサラリーマンには待ちに待った夏休みがきた。

 

温泉とか、海外とか、遠出するのも良いが、家でのんびりするのもいい。

今年はそうすると決めた。

 

さぁ、溜まったモノを消化しよう。

でもやっぱり、長編ドラマとかアニメとか、一気観したい作品も多々ある訳で。

 

中には観た事がある作品があるかもしれないが、時間が経ってから見返すと、また違う解釈が出来たりして楽しいもの。

 

面白いものは何度見ても面白い。

 


個人的オススメ作品

 

1. ゲームオブスローンズ

シーズン1〜4までは視聴済み。

さながらスカイリムの様なファンタジー世界を舞台に、国同士、権力者同士の争いや人間ドラマを中心に描かれる群像劇。1話50分超、1シーズン全10話の超大作である。

ハリウッド映画さながらの作り込まれた世界観とCGには圧倒される。

主人公の様な立ち位置の人間が複数存在するため、ストーリーの進行としては遅めだが、その分作品への没入度が高い。

 

  • 配信サイト
    • Amazon Prime Video
    • Hulu

 


2. カウボーイビバップ

言わずと知れた名作アニメ。

1998年に放送されて以来、何度もリマスター版が発売されるほど人気の作品。

BGM、キャラクター、作画、どれを取っても日本アニメ最高レベルの作品だと思う。

宇宙を舞台に、「賞金稼ぎ」である主人公の「スパイク」とその仲間たちが繰り広げる大冒険活劇である。

話数によって作品のテイストが異なり、ハードボイルドだけを期待すると拍子抜けするだろう。

しかし、それがまたこの作品の面白い所で、話数による温度差の違いからキャラクターとしての魅力や人間味を感じられる。

これこそ、この作品の魅力であると思う。

ずっと真面目トーンでメインストーリーのみを進めても良いが、それだと味気ない。キャラの良さが活かされない。

黒の組織と戦ってるだけのコナンなど、誰も見たくないのと同じだ。

 

あと主人公がマジでかっこいいので観るべき(本音)

 

  • 配信サイト
    • Amazon Prime Video
    • Hulu
    • dアニメストア
    • U-NEXT

 


3. 輪るピングドラム

「少女革命ウテナ」で有名な、幾原邦彦監督による作品。

家族同士の繋がりを改めて考えさせられる、良いアニメだった。

この作品はネタバレしてしまうと面白みが半減するので、あまり語らないでおこう。

ちなみにこの作品、一度通しで観た程度では内容を完全に理解することはまず不可能。

ネット上には考察記事も多々存在するので、観終わった後に見て回るのも面白い。

 

  • 配信サイト
    • Netflix
    • U-NEXT
    • dアニメストア
    • バンダイチャンネル

 


4. シリコンバレー

シーズン1〜3まで視聴済み。

シリコンバレーを舞台に、架空のスタートアップ企業が成り上がるまでを描いたドラマ。

実在の大企業も複数登場するため、リアリティがあって面白い。

実際のシリコンバレーも、あんなに修羅場なのだろうか。。。

ボクの様に、IT業界に勤めている人間が観ると、あるあるが多すぎて胸が苦しくなる。

心臓の弱い同業者の方は、見ない方が良いかもしれない笑

 

  • 配信サイト
    • Amazon Prime Video

 


まとめ

 

他にも「ドキュメンタル」や「たまこマーケット」など、オススメしたい作品は沢山あるが、その中でも厳選した4作品を紹介した。

どれもネットの配信サービスで観られるものばかりだ。

何も考えず家でゴロゴロしながらドラマやアニメを観るのも、有意義な夏休みの使い方だと思う。